FC2ブログ

Deep Sky Blue

Home > 建築 > 住居学

2005.01.18 Tue 住居学

宮脇檀氏著「都市の快適住居学」より。現在の日本人は衣食に比べて住についてはあまり
にも教養に乏しく、それが政府の無策とあいまって文化的住環境の整備を遅らせている。
南向きがよいとか、収納が欲しいとか、ソファを置いたダイニングキッチンや対面式キッ
チンがおしゃれとか、無意識に広告メディアの売り文句に踊らされていたわけで、無教養
といわれてもしかたない。また、日本人が南向きの家を好むのはなぜか?それは江戸時代
の農村住宅で明るい南側に庭を配して作業をした、農民的発想に今も縛られているから。
ヨーロッパでは南向きの部屋は家具が日に焼けるので安いそうである。そして日本では南
向き信仰のために、マンションではすべての住戸が南にダイニングを配せるように、羊羹
を輪切りに切ったような画一的な長屋スタイルの住戸が造られてきたのだ。

彼の文章は、ものごとの本質を見抜く洞察力があり、読んでいて気持ちがいい。
関連記事