Deep Sky Blue

Home > 読書 > 花と嵐と人生と

2006.09.05 Tue 花と嵐と人生と

寺山修司の本を読んだ。
冒頭の詩より。

「花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ」

どんなに美しく咲く花であっても、突然の嵐によってその全てを奪われることがある。そういうどうにもならない圧倒的なはかなさこそが人生なんだ。誰もこの事実からは逃れることができない。だから、前を見て今を生きるんだ。

恋に落ち、相手を死ぬほど好きになってしまうと、「愛の最果て」が心配になって仕方なくなる。。。離別であれ、死別であれ。そして、やがて厳しい現実が訪れる。
そんな時、この詩を口ずさみたい。

人気blogランキングへ←続きを読みたい方は是非応援クリックを!
FC2 Blog Ranking←ついでにこっちもポチっとな。




関連記事